Top > 教育 > 面倒なこと

面倒なこと

民事再生という選択肢は住宅のローンもある多重債務に困っている方を対象としたマイホームを維持したまま経済面で再建するための債務整理の方法として2000年11月にはじまった解決方法です。

 

民事再生制度には、自己破産みたいに免責不許可となる条件がないので散財などで借金をした場合においてもこの方法は選択可能ですし破産手続きをすれば業務が行えなくなってしまうような資格で収入を得ているような人でも民事再生は検討可能です。

 

破産申告では、住宅を手元に残すことは許されませんしその他の債務処理では圧縮した元金を戻していくことが必要ですので、住宅のローンも支払いながら支払うことは現実問題として簡単ではないでしょう。

 

ですが、民事再生という処理を採用することができれば住宅ローンなど以外の負債はけっこうな額を減ずることもできますので、余裕がある状態で住宅のローンを払いながらあとの債務を返済していくようにできるというわけです。

 

でも、民事再生という方法は任意整理による処理特定調停といった方法と違って一定の借り入れを切り取って手続きすることは不可能ですし破産手続きのように負債それ自体消えるということでもありません。

 

それ以外の選択肢に比べて若干めんどうで手間が必要ですので住宅ローンなどがあり住んでいるマンションを維持していきたい時などを除き、破産申請のようなそれ以外の整理方法がない際の限定的な解決策とみなした方がいいと思います。

 

教育

関連エントリー
私は綺麗なバランスを創ります。毛穴の汚れは毎日の洗顔から旅先でムダ毛が生えて・・・司法書士試験の難しさ面倒なことテスト