Top > 生活 > ポジショニング

ポジショニング

パソコンの画面の前に座って、リアルタイムで動いているレートをご覧になっていると、すぐに売買をしなければいけない衝動が生じる状況も多いです。

 

だがしかし、はっきりしない感覚で売り買いをするのだけは、絶対に避けてほしい。

 

知っての通り、相場は24時間外国為替相場が関いているし、マーケットも常に上がったり下がったりします。

 

とは言っても、何回も売買を積み重ねると、それだけで損失を被る可能性が上がります。

 

当然の事ながら、売り買いの数を積み重ねる事で少しずつ稼げる確率か五分五分になります。

 

でもそれは「なんとなく直感で注文」することとは別の問題です。

 

売買回数を積み重ねる事の意味は、「ここはいける」と思いついた感覚を得られたうえでの売買回数を重ねるという意味である。

 

何となく、休む間もなく売り買いを重ねるのとは大きく異なります。

 

外国為替相場の勝負に勝つためには自分が主体的に緩急をつけることが大事だ。

 

「ここで勝負」とよく考えた相場の時には、いっそポジションを買い増して積極的に利益を追求する。

 

「だいぶ悩ましいマーケットで、どう動くのか予想できないな」と感じたならば思い切ってポジションを全部見切りをつけて放置します。

 

それぐらいのリズムをつけた方が最後には売買は儲けられます。

 

相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったくその通りです。

 

FXとは、いついかなる時でも売買ポジションを保持する事が全部ではなくどのポジションも持たずに静観していることも時には相場です。

 

じゃあ、どういう時に、休むべきなのでしょうか。

 

ひとつは、先に述べたように、今の相場展開がしっかりと分からない時です。

 

どうなるのか明確でない時は間違って判断すると、自身で作り上げた脚本とは逆の方向にマーケットが変化してしまい損をする事になります。

 

そのため、このような場合はポジションを整理して黙ってみているだけが最善の策です。

 

もうひとつは、自分のコンディションがすぐれない時。

 

体調と外国為替相場に関係しないと感じる人もいるだろうが。

 

実は案外関係がある。

 

コンディションがすぐれなければ、外国為替市場の大少な場面で落ち着いた決断ができなくなります。

 

関心がわかない時はFXから離れてみるのも大切な事です。

 

生活

関連エントリー
司法書士試験の難しさ二俣川のショッピング事情とんでもないフラッシュモブ参加募集に興味を持つ九割がたの人が短めに見て最低でも約一年は...ポジショニングフラッシュモブの参加者募集女性だったらだいたい誰もが処理に困っているムダ毛専門家に聞いてみたい住宅ローンの事テスト